HAL Pharmacy

クラシエ 柴苓湯 エキス細粒

  • クラシエ 柴苓湯 エキス細粒

    クラシエ製薬:クラシエ 柴苓湯 エキス細粒

  • 柴苓湯(小柴胡湯+五苓散)

    柴苓湯(小柴胡湯+五苓散)が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

水瀉性下痢(泄瀉)、急性胃腸炎(下痢(泄瀉)、嘔吐)、急性腎炎、慢性腎炎、感冒、浮腫、暑気あたり、むくみ、肝硬変、ネフローゼ、クインケ浮腫

注 文

【注文欄】

shopping ・ クラシエ 柴苓湯 エキス細粒のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k1569 (EK-114)2.7g×42包(2週間分) 16,407円(税込)
数量
k1567 (KB-114)4.05g×28包(2週間分) 16,407円(税込)
数量
k1568 (KB-114)4.05g×168包(12週間分) 101,638円(税込)
数量
k1570 (EK-114)2.7g×294包(14週間分) 109,305円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【柴苓湯(小柴胡湯+五苓散)の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈胃腸風邪〉

治例図 年齢/50歳代後半 性別/男性。
身長153cm、やや太り気味。少し吐き気がして下痢気味だが、旅行の予定があるので何とかしてくれと来店された。柴苓湯2g分包を2日分渡した。
旅行から帰って来たら、よく効いたと来店された。ただ、奥様にうつったのか、同じような症状が出たので同じ柴苓湯を2日分出した。その後、奥様にもよく効いたと言われた。

弁証論治 リンク大腸湿熱証 »

・現代病名:胃腸型感冒

区切り線

2〈長年の胸の痛みと吐き気が解消した〉

治例図 Yさん(47歳・男性)は、少しでも食べ過ぎると胸が痛くなり、吐き気が起こるので、食後は横になるようにしていました。
Yさんは胃の底が平らになっている澤状胃だったため、少し多めに食べると腸に流れていくまで胃にためておく場所がないため、胃が動くたびに気持ち悪くなっていたのです。漢方を処方する医師を訪ねると、水はけをよくする五苓散と小柴胡湯を合わせた柴苓湯を食前に飲むように指導されました。飲みはじめてからだいぶ調子がよくなり、現在も常備薬として服用しています。

・現代病名:胸の痛みと吐き気

区切り線

3〈2日で8,OOOmlの尿が出る〉

治例図 高校1年の夏に、腎炎からネフローゼ症候群となって入院したKさん(19歳・男性)。

期間を置いて、ステロイド剤を投与する治療法が試みられましたが、効果はみられませんでした。そこで母親が主治医と相談の上、漢方の専門知識を有する医師の診断を受けることになりました。

医師はKくんの腹部、脈、症状、これまでの経過などから実証と判断し、柴苓湯を処方。すると2日間で合計8,000mlもの尿が出て、強いむくみが劇的に解消されたのです。K〈んは1ヵ月半ほどで退院し、むくみがなくなってからは3年ほど小柴胡湯六味丸を服用した結果、たんぱく尿もみられなくなりました。

・現代病名:ネフローゼ症候群

区切り線

4〈蕁麻疹(じんましん)〉

治例図 高血圧症とアルコール性肝障害…39歳の男性会社員です。

主訴はじんま疹。約半月前から全身にじんま疹が出るようになりました。出ると、しばらく痒いが半日ほどで自然に消える。同時に夕方になると、足が腫れます。

最近、少し下痢をしゃすくなったが、食欲はふだんと変わりなく、とくに体がだるいとか、疲れやすいというような感じもありません。日ごろ健康には無頓着なほうで、血圧を測ったり、検査を受けたりしたことはないが、長年、毎日アルコールをたしなんできました。

身長:168センチ、体重68キロ。体格がよく、がっしりとして、いわゆる実証タイプです。血色は良好ですが、顔がややむくんだ感じです。

舌は淡紅色で湿潤し、厚い白苔があり、脈は弦で力があります。脈拍は86/分で整。血圧:163/114で高血圧気味です。

腹壁は厚く平坦で緊張良好、胸脇苦満をみとめます。下肢に浮腫があり、押すと陥凹し、また脛骨陵に結節様の紅斑が数個みとめられます。

主な検査所見はGOT114、GPT115、γ-GTP239、LDH615、総コレステロール値266ミリグラム(血清1デシリットル中)、中性脂肪267ミリグラム(同)と、肝障害と高脂血症があり、アルコールの過剰摂取に起因する脂肪性肝障害のようです。
浮腫や舌の状態、弦脈、胸脇苦満などの所見から、この方は痰飲の証(体内の水分過剰)に肝気鬱結(肝の疏泄作用=後述=の障害)を伴っており、寒熱の状態は熱証と診断されました。そこで柴苓湯エキスを1日7.5グラム、三回分服で処方しました。

一週間後には血圧が123/91に下降し、40日後には浮腫、じんま疹をはじめ自覚症状はすべて消失。血圧は正常、検査所見もGOT38、GPT49、γ-GTP96と改善しました。

漢方では肝には、
①胆汁排泄と解毒作用を営む
②五臓六賄の円滑な働きを調整する
③さらに怒りの感情を処理し、精神ストレスに対処する
などの働きがあると考えられており、これらを総称して「肝の疏泄作用」と呼んでいます。一方、腎は全身の水分代謝を調節しています。

高血圧を起こす最も大きな要因はストレスと水分代謝の停滞による循環血液量の増加で、これに関係が深いのは肝と腎と考えられます。アルコールのとりすぎは体内に湿熱(のぼせと水分過剰)を生じ、肝腎の働きを失調させます。

柴苓湯は、肝の疏泄作用を改善する小柴胡湯と、腎に働いて体内の余分な水分を膀胱から尿にして排泄させる五苓散とを合わせた処方ですから一つの処方でアルコールによる肝障害と高血圧という二つの、一見異なった病気を同時に治すことができたのでしょう。

弁証論治 リンク湿熱証 »

・現代病名:蕁麻疹

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク大腸湿熱 »
リンク肝脾不調(肝鬱脾虚) »
リンク膀胱湿熱(泌尿器・生殖器炎症、結石) »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

柴苓湯(小柴胡湯+五苓散)

八法和法:和解あるいは調和の作用によって病邪を消除する治法です。

【中薬大分類】和解剤…調和を行う方剤です。和解の方法により病邪を解除する方剤です。少陽半表半裏の邪を解除したり、肝脾不和・脾胃不和を改善するもので、八法の【和法】に相当します。

【中薬中分類】和解少陽剤…感冒の中期(邪が少陽)に用いる和解剤です。往来寒熱・胸脇苦満・悪心・食欲不振・口が苦い等の症状で用います。

八綱分類裏熱虚(りねつきょ) 裏 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、半表半裏少陽病(急性~慢性期)、熱証(炎症)、虚証(体力中くらい)、胸脇苦満(肋骨下部の張り)、湿証(水分停滞)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
半表半裏・少陽枢機(はんぴょうはんり・しょうようすうき)浮腫(むくみ)・水様便など水湿停滞が顕著な方に良く効きます。淡滲利水の五苓散を合方し水湿の除去を強めています。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】水湿(すいしつ)

【中医学効能(治法)】 通陽利水・和解半表半裏

【用語の説明】(term)

リンク利水通淋法(りすいつうりんほう) »…利水通淋法;膀胱湿熱証、排尿痛、排尿困難、濁尿などの治療法です。

リンク和解(わかい) »…臓腑の機能を調和させて病邪を除く。半表半裏、少陽証の治療法です。

リンク半表半裏(はんぴょうはんり) »…横隔膜に隣接する臓器で、胃、肝、脾、肺、肋膜、心、食道気管支などです。

リンク水湿停滞(すいしつていたい) »…水分の停滞で浮腫(むくみ)、下痢、尿量減少などが起こることです。類語:水毒。

リンク少陽(しょうよう) »…臓腑・経絡のうち腑に属する陽経のひとつです。


診断のポイント

舌 診

【舌診参照】

舌診【舌診】(tongue) 多くは淡紅色で白膩苔をみとめます。

舌診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 通常、成人1日8.1gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

本薬1日量(8.1g)中:日局タイソウ3.0g、日局サイコ7.0g、日局オウゴン3.0g、日局ブクリョウ4.5g、日局ケイヒ3.0g、日局チョレイ4.5g、日局カンゾウ2.0g、日局ショウキョウ1.0g、日局ニンジン3.0g、日局ハンゲ5.0g、日局タクシャ6.0g、日局ビャクジュツ4.5g
上記の混合生薬より抽出した柴苓湯エキス粉末7000mgを含有する。
添加物として日局ステアリン酸マグネシウム、日局軽質無水ケイ酸、日局結晶セルロース、日局乳糖、含水二酸化ケイ素を含有する。

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
柴胡  半夏  生姜  人参  大棗  甘草  黄芩  猪苓  沢瀉  白朮  茯苓  桂皮 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈細粒〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【慎重投与】(次の患者には慎重に投与すること)
著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

【重要な基本的注意】
1. 本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。
2. 本剤にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値等に十分留意し、異常が認められた場合には投与を中止すること。
3. 他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。 

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊娠中毒症の浮腫(むくみ)の場合によく使用します。
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【柴苓湯(小柴胡湯+五苓散)類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク小柴胡湯 » …体力中等度の人で、胸脇苦満、食欲不振、悪心、嘔吐、微熱などはあるが、口渇、尿量減少、浮腫など水飲の証がない場合に用いる。

 
 

リンク五苓散 » …小柴胡湯とは逆に、口渇、尿量減少、浮腫などはあるが、胸脇苦満などのない場合に用いる。

 
 

リンク茵蔯五苓散 » …体力中等度の人で、口渇、尿量減少、浮腫(水飲の証)などに黄疸を伴う場合に用いる。

 
 

リンク胃苓湯(平胃散+五苓散) » …体力中等度の人で、下痢、口渇、尿量減少などに加え、心窩部の不快感、腹部膨満感などを伴うが、胸脇苦満のない場合に用いる。(食積+水飲)

 
 

リンク 半夏瀉心湯 » …体力中等度以上の人で、胸脇苦溝はないが、心窩部の膨満感、抵抗・圧痛があり、腹中雷鳴、時に悪心、嘔吐、下痢、食欲不振などのある場合に用いる。(心下痞鞭)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

ハル薬局 このページのトップへ